太陽光発電まるごと安心本舗

平日9:00~18:00 ※携帯電話からもOKです

無料で簡易お見積する
Column

お役立ちコラム

2024/07/08

まるごと安心本舗 施工事例インタビュー直近3件

太陽光発電

目次

今回は、弊社の導入実績一覧から、直近3件を抜粋して記事を作成しました。電気代を削減したいと思っている方、SDGsの取り組みに関して何から行えばいいのか分からない方、土地の有効活用やソーラーシェアリングに関して気になる方にオススメの記事を集めましたので是非チェックしてみてください。

食料問題とエネルギー問題を解決するためのソーラーシェアリング-有限会社孫三様

有限会社孫三様は、千葉県にて252枚の太陽光パネルを設置し、ソーラーシェアリングで95.0kWのシステムを導入しました。中島社長はエネルギー問題への意識が高く、以前から再生可能エネルギーに関心を持っていました。まるごと安心本舗との協力により、太陽光発電の普及に貢献しています。太陽光発電の設置においては、専門的な業者と細部まで相談することが重要と述べています。

ポイントは土地の有効活用

ソーラーシェアリングは、農地に太陽光発電設備を設置し、農業と再生可能エネルギー生産を同時に行う画期的なシステムです。この手法には多くの利点があり、環境、経済、社会に対して広範なメリットをもたらします。

まず、ソーラーシェアリングの最も顕著な利点は土地の有効活用です。通常、太陽光発電設備は広大な土地を必要としますが、農地に設置することで、農業活動を妨げることなくエネルギーを生産できます。この二重利用により、土地の生産性が最大化され、限られた資源の効率的な利用が実現します。作物は、陽が当たらなくても育つ「陰性植物」が良いとされます。有限会社孫三様は、「ミョウガ」をソーラーパネルの下で育てています。

地域社会への貢献も見逃せない利点です。ソーラーシェアリングによって生み出されるクリーンエネルギーは、地域のエネルギー自給率を高め、エネルギーコストの削減につながります。また、地域住民の環境意識を向上させ、再生可能エネルギーの重要性を広く認識させる効果もあります。さらに、地元のエネルギー需要を地元で賄うことができるため、エネルギーの輸送コストやロスを削減し、地域経済の活性化にも寄与します。

このように、ソーラーシェアリングは農業と再生可能エネルギーの両立を可能にし、持続可能な社会の実現に向けた重要な取り組みとなります。環境負荷の低減、経済的安定性の向上、そして地域社会への貢献を通じて、ソーラーシェアリングは未来のエネルギーと農業の在り方を示すモデルケースとなるでしょう。

記事本編はコチラ

脱炭素社会の構築とSDGsブランディングに太陽光発電を早期導入-荻野化成株式会社様

荻野化成株式会社は、神奈川県に拠点を持つ塗料と防水材の卸売業者です。同社はSDGsの取り組みの一環として、脱炭素社会への貢献を目指し、75枚の太陽光パネル(31.1kW)を屋根に設置しました。導入の決め手は地域のネームバリューや信頼性、そしてまるごと安心本舗との関係でした。太陽光発電の導入によって、環境負荷の軽減と企業の持続可能な成長を目指しています。

ポイントは他の再エネ設備との比較

再生可能エネルギー設備にはさまざまな選択肢がありますが、太陽光パネルの導入は特に取り組みやすく、早期導入が可能です。これは、設置が比較的簡単であり、既存の建物の屋根や未利用の土地を活用できるからです。また、太陽光パネルは技術が成熟しており、コストも他の再生可能エネルギー設備に比べて低いため、中小企業や家庭でも導入しやすいのが特徴です。さらに、即座に電力を生産できるため、短期間で環境貢献が実現できます。

荻野化成株式会社様は、社内での「SDGs宣言」という、SDGsを社内および社外に発信をしていく方針を打ち立てました。その際にポイントとなったところが即効性です。上述したように、太陽光発電は他の再エネ設備と比べても技術的に成熟しているため、莫大な時間がかかることはありません。コスト面でも圧倒的な差があります。

地域でのネームバリューが決め手

荻野化成株式会社が太陽光パネル導入に際してまるごと安心本舗を選んだ背景には、長年の信頼関係があります。まるごと安心本舗は地域において高いネームバリューと信頼性を持ち、過去の実績と顧客対応の質があることが評価されました。これらが導入後も持続可能なサポートを期待する根拠となっています。

記事本編はコチラ

荻野化成株式会社代表取締役 荻野圭輔様

原材料高騰の最中、まずは電気代削減から着手-バウムクーヘン専門店 せんねんの木 祇園店様

せんねんの木様は、千葉県のバームクーヘン専門店で、電気代と原材料費の高騰を受け、36枚の太陽光パネル(12.7kW)を屋根に設置しました。太陽光発電の導入により、年間約20万円の経費削減に成功。まるごと安心本舗の親身な対応が決め手となり、地域社会への貢献も視野に入れた持続可能な事業展開を進めています。

・ポイントは原材料の高騰はコントロールできないけど、電気代は削減ができる点

近年、菓子製造業において、特に小麦粉、砂糖、バター、乳製品などの原材料の価格が高騰しています。これらの原材料費の上昇は企業にとって大きな負担となりますが、直接対策を講じるのは困難です。一方で、太陽光発電の導入は、電気代を削減する有効な手段となります。せんねんの木様では36枚の太陽光パネルを設置し、年間約20万円の経費削減を達成しました。電気代の削減により、原材料費の高騰分を部分的に相殺し、経営の安定化を図ることができます。持続可能なエネルギーを利用することで、環境への配慮も実現し、企業の社会的責任を果たすことが可能です。

記事本編はコチラ

せんねんの木 代表取締役 曽根晃様

まとめ

今回は直近3件の太陽光発電の導入事例を簡潔にまとめました。

それぞれ抱えている課題は異なりますが、それぞれに太陽光発電がソリューションとして機能していると言えます。同じような課題や、異なる課題で今悩んでいる方は是非気軽に下記よりお問い合わせください。

太陽光発電の設置に関するご相談はこちら

相談する
お役立ちコラム一覧へ戻る

お問い合わせ

自家消費型太陽光発電は
【法人のお客様向け】サービスです。
まずはお気軽に
お問い合わせください。

0120-359-077

平日9:00~18:00 ※携帯電話からもOKです

無料で簡易お見積する